入社3年目で仕事を辞めたいと悩んでいるあなたへ

新卒入社3年目で仕事を辞めたいと悩んでいるあなたへ

 

入社3年目で仕事を辞めたいと悩んでいるあなたへ

 

 

新卒で入社して3年目で仕事を辞めたい・・・

 

 

このように悩むときってあるかと思います。

 

 

新卒で初めて就職するというのは夢と希望に満ちていますよね。

 

 

ところが、入社してみると先ず体験するのは、職場、仕事、人間関係が想像とは違っているという事実です。

 

 

自由な学生生活から、規律ある社会人になりのですから、就職した会社がどんな会社であったとしても、
先ず違和感があるし、緊張するし、馴染めない事もあるものです。

 

 

なので、あなたの辛いお気持ちはよく分かります

 

 

そして日常勤務する中で、次第に環境に慣れて、知らない内にベテラン社員になっていくものですが、
人によっては、慣れるどころか、どんどん気持ちと行動が逆になっていくケースもあります。

 

 

積もり積もってとうとう退職したいという感情が芽生えて、事実退職してしまうことも当然あります。

 

 

3年目となると、責任が出てくる仕事もありますし、ストレスも増えて仕事が辛い・・・と思う時期でもあります。

 

 

私も入社3年目で退職を考え、転職を決意したことがあります。ですが、なかなか辞めるに至らず、5年目まで仕事を続けました。

 

 

理由は、辞めてどうする?が明確でなかったからです。

 

 

「◯◯をやりたい」などポジティブな理由で辞めなければ、
辞めても後悔するだけと思ったからです。

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

もし、ポジティブな理由なんてないというのであれば、まずはそれを探すようにしてください。

 

 

ただ、自分のやりたいことなんてなかなか見つからないものですよね

 

 

なので、そういう場合は、転職サイトで有名なリクナビNEXTの、
「グッドポイント診断」という無料ツールを利用してみるのがいいかもしれません

 

 

このツールで、自分が何を求めているのか?などが掴めますからね

 

 

無料とはいえ、このグッドポイント診断はかなり本格的ですよ

 

 

入社3年目で仕事を辞めたいと悩んでいるあなたへ

 

 

上記のような質問に、約300問回答していきます

 

 

回答を終えたら、詳しい解説付きで、あなたの志向などを教えてくれます

 

 

無料なので、気軽に一度、診断してみてください。
あなたのやりたいことのヒントが見つかるはずですよ。

 

 

⇒ グッドポイント診断は、こちらからどうぞ

 

 

※リクナビNEXTに無料登録後、マイページより診断できます

 

 

実は最初に就職した会社に入社3年目で辞職願を提出しました。

 

 

想像していた業務内容ではなく、毎日終電に帰るという残業の連続で、夢も希望もなくなってしまったのです。
こんな筈じゃなかった!もっと華やかで、意義ある仕事だと思っていたのに、

 

 

何だか毎日こき使われているだけの小さな会社に通勤するのが苦痛になってしまったのです。
大学を卒業してたった3ヶ月目の新入社員が思ってはいけない考え方です。

 

 

でも、その時は毎日毎日この思いが強くなり、同期にも話せず、先輩を見ていても尊敬できず、
日々ストレスが強くなり、とうとう起こした行動が辞職願を出すということでした。

 

 

朝早く会社に行き、いつも朝早くから会社に来ている上司に切り出すと、
応接室に通されて二人きりで話をしました。

 

 

結論、私は翻意して辞職願を撤回しました。

 

 

上司に言われた言葉で目が覚めたのです。

 

 

「君はまだ何もしていない」

 

 

そうなんです。入社して3年で、実績も何も無い。

 

 

上司に言わせれば、若造の分際で何を血迷った事を言ってるんだと思ったことでしょう。

 

 

しかし、上司の忠告はとても沈着冷静で、辞職願を撤回した後も、
何事も無かった様に私に接してくれました。

 

 

その上司の姿を見るにつけ、自分の幼さを余計に反省したものです。

 

 

その後私は気持ちを切り替えました。
上司に言われた通り何も成し遂げていないのですから。

 

 

そして、負けてたまるかという気持ちになりました。

 

 

結果、どうなるのかというと、モチベーションが変わると、仕事が楽しくなってくるのです。
周囲の見る目も変わります。得意先からも評価されました。

 

 

みるみる実績が現れました。すると自分としては又もっと成績を上げ様と思うようになりました。
正のスパイラルが自然と回る結果となり、気がついたら、社内でもかなり目立つ存在になっていました。

 

 

そして5年目。やり切った感がやって来たのです。
余り仕事のフィールドが広くない会社でしたので、このまま成績を上げて勤めていても、
業務内容は定年までほとんど変わらない。

 

 

スペシャリストにはなれるけど、社会人としてのスキルと共に人間的成長が見込めないと思い始めました。
ここで漸く正式に退職しようと思えたのです。

 

 

そして、次の職場を決めた後、胸を張って辞職願を提出して、5年間お世話になった会社を退職しました。

 

 

入社3年目で行動した辞職願は謂わば逃げでした。

 

 

しかし、入社5年目で辞めたいと思った意識は、3年目の意識とは別次元のことなんです。

 

 

ネガティブな退職とポジティブな退職と言う事にします。
そして、5年間働いた会社を辞めて、大手電器メーカーに再就職し、25年勤めました。

 

 

ちっぽけな会社から、大手電器メーカーに再就職できたのも、3ヶ月で辞職せずに、
自分に相当自信ができるまでに仕事をした経験があったからです。

 

 

もし入社3年目で逃げる様に会社を辞めていたとしたら、
その後の私の人生は負け続ける人生になっていた気がします。

 

 

やはり石の上にも三年です。諺通りだと思うんですね。

 

 

三年も頑張れない人間は、どこに行っても頑張れないのじゃないかと思うのです。
ですから、最低でも3年間は頑張って突き詰めて仕事をして欲しいものです。

 

 

そして、やり切った何かを得ることができたら、その時点で次のステップを考えらる権利を得たと、
思うべきではないかと思います。

 

 

日本に古来からある諺には根拠があるのです。

 

 

あなたが3年目で辞めたいと思う理由は何ですか?

 

 

私と同じように、もうやりきった!次のステップに進むときだ!

 

 

そういう理由で辞めるのなら辞めるべきだと思います。 
というより、辞めないともったいないです。

 

 

ですが、私が入社3年目で辞めようとしたように、
逃げるように辞めるのは避けるようにしてください。

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

仕事が辛いから
仕事がつまらないから
仕事がだるいから etc

 

 

上記のような理由で辞めようとしていないでしょうか?

 

 

もちろん、精神的に限界がきて病気になりそう。
それぐらい仕事が辛いのであれば、耐える必要はありません

 

 

ですが、それ以外の状況であれば辞めるべきではありません。

 

 

冒頭でお伝えしたとおり、「◯◯をやりたい」などポジティブな理由を見つけてからにしましょう。

 

 

⇒ グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)

 

 

リクナビNEXTに無料会員登録がすみましたら、
リクナビNEXTのページからマイページへと進んでください

 

 

※リクナビNEXTに無料登録後、マイページより診断できます

 

 

 

 

マイページに進むと、グッドポイント診断(ページ左下)に進むことが出来ます

 

 

 

 

⇒ グッドポイント診断は、こちらからどうぞ
(リクナビNEXTに無料登録後、利用可)