3年目で看護師の仕事を辞めて転職しました

3年目で看護師の仕事を辞めて転職しました

 

入社3年目っていろいろな迷いが出てくる時期ではないでしょうか。
だいたいの仕事内容が理解でき、仕事自体にも慣れてくるし、人間関係も安定してくる。

 

 

その一方で、まわりが見え始めて、職場自体の嫌な部分も見えてくる。
このままで本当にいいのかと自問自答し始めるのもこの頃ではないかと思います。

 

 

100%満足できる職場でない以上、これは当たり前の感覚ですよね。

 

 

私自身もそうでしたし、実際この時期に転職を経験しています。

 

 

もちろん事情は人それぞれ、私自身のケースがみなさんに必ずしも当てはまるとは思いません。

 

 

ただひとつ言えるのは、もし今の私が入社3年目の自分に会えるとしたら、
「辞めずにがんばりなさい」と説得したであろうということ。

 

 

その理由をここでお伝えします。
3年目で仕事を辞めたいと考えている皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

新卒で入社したのは大学総合病院でした。
お給料も安定しており、待遇もよく、看護師としては申し分のない病院だったと思います。

 

 

しかし人間関係には、かなり問題がありました。

 

 

加えて、仕事内容もきつく責任も重かったということが、
大きな転職理由だったと思います。

 

 

転職したのは個人病院。仕事も楽で、人間関係も良好、責任も総合病院ほどではありませんでしたし、なによりお給料が大学病院とさほど変わりなかったのが魅力でした。

 

 

しかし当時はバブル全盛期、この状況は時代とともに変化を遂げました。

 

 

それにより、個人病院での給料はあっという間に激減し、
大学病院で働いている同期の看護師との間に大きな差がつくことになりました。

 

 

景気が悪くなると人間関係もどこかぎくしゃくしてしまうもので、さまざまな問題が出始めます。

 

 

大学病院でスキルを磨いたり、昇格して主任や師長としてバリバリと働いている同期の看護師をみるとなんだか自分が「負け組」のようにも思えてきました。

 

 

これなら我慢して大学病院でいればよかったと思ったことも何度かあったと思います。

 

 

私が言いたいことは決して「仕事を辞めるな」ということではありません。
目先の利益や感情に捕らわれて「安易な転職をしてはいけない」ということです。

 

 

転職にはいくつものリスクがあり、予測できるものもあればできないものもあります。

 

 

それを引き受ける覚悟と信念があるかどうかが、成功の鍵だと私は思っています。

 

 

死ぬほど辞めたいというほど思いつめているなら別ですが、「なんとなくつまらない、嫌だ」というレベルなのであれば、本当にその仕事を手放しても今の自分、そして未来の自分は後悔しないのかをもう一度真剣に問い直してみるべきではないかと思います。