仕事を3年目で辞めたいですが、大丈夫でしょうか?

仕事を3年目で辞めたいですが、大丈夫でしょうか?

 

仕事を3年目で辞めたいですが、大丈夫でしょうか?

 

 

入社して3年目とは新人の時代も終わり、
後輩もでき、少しずつ仕事に責任が伴ってくる時期です。

 

 

その時期に差し掛かると僅かな達成感や仕事のプレッシャー、
繰り返される毎日への疑問などから仕事を辞めたいと考えてしまう時期です。

 

 

私は3年で辞めようと思って今の会社へ入社しました。

 

 

予想通り3年目には仕事を辞めたいと考える時期が訪れました。

 

 

私の場合は、毎日の繰り返しに対する疑問が大きかったように思います。

 

 

大きな刺激は必要なくても何かしらの新鮮さが欲しいと感じることは誰にだってありますよね。

 

 

そんな時に私は何をして良いのかわからずにモチベーションの低いまま仕事をしていました。

 

 

当然、自分の行動が同じなら繰り返される毎日は変わりませんよね。

 

 

それでも自ら変化を生み出すのはなかなか難しいものです。

 

ただ辞めるというのは納得できなかtt

 

辞めたい、辞めていもいいと思っていた私は、
1つだけ辞めた後にも皆が使える何かを残して辞めようと考えました。

 

 

専門部署の少ない私の会社では色々な業務を兼務して担当していました。

 

 

営業の人たちの使う実績情報や営業支援ツールを作ったり考えるのも私の仕事の1つでした。

 

 

それまでは日々のデータの更新や決められたフォーマットに指定された内容を埋め込むような業務でした。

 

 

そこで私は、考えたり、埋め込みの入力作業をしなくても、
データを呼び出せばそのデータを使って見積書が作成できるツールの作成に取り掛かりました。

 

 

自分に与えられたパソコンで日々の空き時間を使って作成を進めました。

 

 

この時期には自分でやってみようと思ったことをやっているので、
意外と新鮮で楽しい時間を過ごしていました。

 

 

この時、ある程度形が見えてきたツールを営業部門に試しに案内してみました。

 

目的は形を残してから辞めることです

 

その為には営業部門の協調が必要です。

 

 

皆さんの周りにも勝手にしたことや作ったものを押し売り的に進めてくる人っていますよね。
そうはなりたくなかったのです。

 

 

それなりの協調と意見をもらえたのでツール作成を進めました。

 

 

完成したツールを比較的気心の知れた営業の人たちに紹介し、
運用を試験的に開始したときには辞めたいという意識は消えて、
自分の作ったツールをどのように展開していくかに意識が変わっていました。

 

 

辞めたいと考えている時期は楽しみがないものです。

 

 

あなたもそうなのではないでしょか?

 

 

きっとどこに行ってもその時期は訪れます。それはあなたも理解していますよね。

 

 

そんな時に大切なのはできる範囲の中で、
自分の楽しめる取り組みを見つけて挑戦することです。

 

 

それは仕事に少しの変化と刺激と楽しみを与えてくれます。

 

 

辞める前に、まずはその刺激の種を見つけてみてはどうでしょう。