新卒入社3年目で私は転職しました。

新卒入社3年目で私は転職しました。

 

新卒入社3年目で私は転職しました。

 

 

私も新卒3年目を機に転職をした経験があります。

 

 

転職をした理由は退職勧奨。ある日突然管理部の方から退職を勧められました。

 

 

私が新卒で入社をした企業はITベンチャー企業でした。
従業員数は80名程度。

 

 

社長は大学の時に企業を立ち上げ、
立ち上げた当初はメディアなどでも取り上げられ、脚光を浴びた方です。

 

 

退職し、他の環境を知ったからこそわかったことですが、
私が入社したベンチャー企業というのは社内制度が整っておらず、
社長や役員などの意向がかなり強い環境でした。

 

 

その企業では最後の1年、新規事業の立ち上げを手伝わせていただく機会をいただいたのですが、
まったくうまくいかず、役員の方に嫌われてしまいました。

 

入社3年目でリストラされるとは・・・

 

そして、最終的に管理部の方から呼び出されて退職に追い込まれました。

 

 

退職を告げられたときは本当にショックで、先も見えず、また自分に対して自信を失っていました。

 

 

転職をしても自分が働ける企業なんてあるわけがない。
この先どうしようと思い、恥ずかしながら、ハローワークで相談をしながら泣いてしまった思い出があります。

 

転職活動1ヶ月で内定をもらいました

 

そんな私でしたが、転職活動を始めて1ヶ月程度ですぐにすんなり内定をいただけました。

 

 

内定をいただいた企業に入社するのも不安でしたが、
必死で頑張り、現在ではTOPセールスとして活躍しています。

 

 

転職をしたい理由はいろいろあると思いますが、
もしあなたが、自分はダメで次に行く企業もないなんて悩んでいるのであれば、
転職活動をしてみるのもひとつの手だと思います。

 

 

もし、今の社内環境があなたにあっていない環境であるとすれば、
あなたは能力を発揮できずその会社に埋もれてしまう可能性があります。

 

 

また、よく言われることですが、成功の経験より、失敗の経験の方が今後の人生に役に立ちます。

 

 

私は前職の環境が合っていなかったとも思いますが、
前職で学んだ自分の立ち回りの反省点を活かして、現在はTOP営業の座をとることができました。

 

 

あまり怖がらずに自信を持って、人生を模索してみることが大切です。

 

 

悩んでいるだけでは何も解決しません。まずは行動してみましょう。

 

 

ちなみに、転職するにしたって、自分が何をやりたいかわからないという人は、
新卒の時の就職活動を思い返して見ましょう。

 

 

私もやりたいことが見えず、かなり苦しみましたが、
最終的に新卒のときに目指していた職業に就くことができました。

 

 

社会人として3年程度働くと、新卒の時の気持ちを忘れがちですが、
社会人になる前のまっさらな気持ちを思い返すことで、
自分のやりたいことの根幹が見えることがあると思います。