入社3年目ですが、仕事に行きたくない。もう辞めたいとも思います。

入社3年目ですが、仕事に行きたくない。もう辞めたいとも思います。

 

入社3年目ですが、仕事に行きたくない。もう辞めたいとも思います。

 

 

入社3年目ともなると、仕事に行きたくないと考えることもあるでしょう。
もしかしたら、辞めたいと考えることも多々あるかもしれません。

 

 

だとしても、このまま会社に残るべきか、
それとも転職するべきか悩むことがあると思います。

 

 

あなたは、なぜ仕事を辞めたいと思ったのでしょうか?

 

 

ただ、漠然と仕事を辞めたいと思っているのなら、もう一度、考えてみませんか?

 

 

その悩みは、本当に仕事を辞めることだけにしか、解決できないことなのかを。

 

 

私自身、入社3年目を振り返ってみると、
同じように仕事を辞めようかと悩んでいたことがありました。

 

 

入社3年目というのは、一つのターニングポイントに誰もが立たされるのではないかと思います。

 

 

入社3年目って、なかなか難しい立場にありますよね。
ベテランでもなく、新人でもないのですから。

 

 

私が入社3年目の頃、新入社員が入ってきて、初めて指導係を任されました。

 

 

入社3年目にもなると、嫌でも会社のことや仕事のことを、
よく理解してくる時期にあります。

 

 

会社としても、そのように見ているから、指導を任せたのでしょう。
かと言っても、まだまだ覚えたいことや知らないことがたくさんあります。

 

 

私は納得できない中で、後輩の指導にあたりました。

 

 

そして、後輩の指導が始まり数ヶ月経った頃、
他の事業所の新入社員の仕事ぶりを見て驚きました。

 

 

自分の指導を受けている後輩よりも多い仕事量をこなしていたのです。

 

 

そのとき、それは自分の指導力不足であることを感じひどくショックを受けました。

 

 

「指導者として自分がしっかりしないと」という責任と、
「後輩に格好悪い所は見せられない」というプライドから、
ひどく焦りを感じていました。

 

 

それからというものの、何か一つ出来ないことがあると、
みるみるうちに負のスパイラルにはまり、ミスが増えていきました。

 

 

今思えば、自分で全てを抱え込まず、誰かに相談していれば良かったと思いますが、
その頃はくだらないプライドが邪魔をして、人に自分の弱さを見せることが出来なかったのです。

 

 

そして、状況はどんどん悪くなり、事業所の中での人間関係に悩み、
仕事に行きたくないとか、ついには仕事を辞めたいと考えるようになったのです。

 

解決の糸口は逃げないことでした

 

入社3年目ですが、仕事に行きたくない。もう辞めたいとも思います。

 

 

では、私はどのようにしてこの状況を打破したのだと思いますか?

 

 

その解決の糸口は、その問題から逃げずに、向き合うことを選択したことにあったのです。

 

 

それが、入社3年目の私にとってのターニングポイントとなりました。

 

 

私はそれまで、指導する後輩とも、ミスを起こす理由とも、
事業所のスタッフとも本気で向き合おうとはしていませんでした。

 

 

自分がやりたいと思える職業に就けたことで、満足していたのかもしれません。

 

 

大事なのは、その先にあることでした。
自分に課せられた仕事に対して、自分がどのようにして向き合うのか。

 

 

後輩の指導に関しては、ただ仕事の手順を教えるだけではなく、
後輩自身が自分で考え、行動できるように指導してみたり、
仕事以外の話をするようにして、コミュニケーションをとるようにしました。

 

 

その結果、後輩はぐんぐんと理解力を深めてくれ、
次々と新しい仕事を任せられるまでになってくれました。

 

 

クライアントやスタッフに対しては、笑顔でいることを心がけました。

 

 

また、相手一人一人としっかり向き合い、クレームでもどんなことでも話をとにかく聞き、
どんなことを求められているのか、自分に出来ることは何かと、常に考えるようにしていくことで、
良好な関係を築くことが出来たのです。

 

 

それから、私は「笑顔」が代名詞となったのです。

 

 

その1年後、後輩の育成やクライアントやスタッフとのコミュニケーション力を評価され、
他事業所の所長として事業所の運営を任されることになりました。

 

悩んでいるだけではダメです

 

入社3年目ですが、仕事に行きたくない。もう辞めたいとも思います。

 

 

あなたと私の悩みでは、比べようのないことなのかもしれません。

 

 

人それぞれ、悩むことは違うと思いますが、これだけは言えます。

 

 

悩んでばかりで何もせずに、嫌々仕事をするばかりでは、メンタル的にも良いこととは言えません。

 

 

いつまでもウジウジしていても、自分自身が動かなければ何も変えることが出来ないと私は思うんです。

 

 

ありきたりの言葉だと思うでしょう。
でも、それは私が経験をもって実感しているからこそ、言えることなんです。

 

 

あなたが、どう感じてどう選択し、どう行動するのか。
今の現状から何かを変えることは、とても怖いことだと思います。

 

 

でも、怖がらずに勇気を出して一歩を出してみましょう。

 

 

相手を変えたいと思うなら、まずは自分から変わろう。

 

状況を変えたいのなら、まずは自分が出来ることから始めよう。

 

 

それでも、会社を辞めたいと思うなら、その会社で働くメリットがないということです。

 

 

自分がやりたいと思える仕事、自分が輝ける場所を探しましょう。

 

 

私は最後に、あなたにこう問いたい。

 

 

「あなたは何のために、その会社に入ったのですか?」

 

 

今の会社に入ったのには、目標や夢があったはずです。
あなたが、良い決断をすることを心より祈っています。