3年目で仕事を辞めるのは、タイミングとして最適なのか?!

3年目で仕事を辞めるのは、タイミングとして最適なのか?!

 

3年目で仕事を辞めるのは、タイミングとして最適なのか?!

 

 

そろそろ入社3年目、思えばいろんなことが出来るようになった。

 

 

でも、ふと気がつけば同じ顔ぶれ、同じような仕事、代わり映えのない日々・・・、
もしかしたら自分の可能性をつぶしてるのかもしれない・・・。

 

 

入社3年目と言えば、仕事の流れがわかってきて計画的に作業を進めることができ、
時間の余裕も出来て周りがだんだん見えてくる時期ですね。

 

 

そういう中で、ほかにやりたいことがあって、
あまり本意ではないところに入社したような人も居るのではないでしょうか。

 

 

はじめは目新しさから興味を持って出来ていた仕事も、
慣れてくるにしたがってだんだん手の抜き方がわかってきて、
仕事に対するモチベーションが落ちてきているかもしれません。

 

 

そんな中で、隣の芝は青いとばかりに他の職業に興味を持つようなことがあるかもしれません。

 

 

でもちょっと待ってください。
そんなに簡単に今の仕事をやめてしまっても良いのでしょうか。

 

 

もしあなたが正社員として会社で働いているのであれば、
今の職を安易にやめてしまうのは非常にもったいないことです。

 

 

なぜなら、今の時代は正社員を一度やめてしまうと再就職が難しく、
それならばと派遣社員として働き出すと収入、待遇、将来性、
このすべてにおいて正社員の頃よりも大きく水をあけられてしまうことになるからです。

 

 

もしあなたが今、正社員であることのメリットを感じられないのであれば、
世の中には正社員になることを目指して日々仕事に向かい、
少ない賃金から教材を買って勉強している人が多く居ると言うことを知ってほしいです。

 

 

正社員であることのメリットはないかも知れませんが、
正社員でないことのデメリットはそれを遙かに凌駕するという現実があるのです。

 

今の仕事はそんなにつまらないのか

 

それに今のその仕事、本当につまらない仕事だと思いますか?

 

 

ただつまらない部分に目が行っているために今の自分では気づけていないだけで、
そのつまらない部分を改善することで新たな視点に気がつき、
更なる改善によって面白い仕事になる可能性だってあるのではないでしょうか。

 

 

それでも本当につまらないと思っているのであれば、他の仕事も似たり寄ったりです。

 

 

今の仕事がつまらないなら、他の仕事もつまらないんです。

 

 

なぜなら、そのつまらない仕事、3年間という時間ずっと続けてきたんですもの。

 

 

仕事というのは、楽々こなすことが出来るようになることでより難度が高い仕事ができるようになるものです。

 

 

3年間続けたからこそ出来る仕事というのもあるんです。
それって、仕事覚えたての仕事と比べてどちらが面白いと思いますか?

 

 

続けることはそれだけで才能だという人がいます。本当にその通りだと思います。

 

 

いままで、3年間続けられたのもなにかしら楽しさがあったからではないでしょうか。

 

 

イチローはバッターボックスに立つとき、盗塁するとき、
レーザービームを投げるときにつまらなさそうな顔をするでしょうか。

 

 

サッカーの本田が最高のシュートを決めたとき、つまらない顔をするでしょうか。

 

 

今やっている仕事のつまらない部分を考えるより、
なぜ今まで3年間つづけることが出来たかを考える方が、より得られるものが多いと思いますよ。